映画で話題だったチャパグリを食べてみた

パラサイトで話題のインスタント麺

chapagetty

以前から気になっていたチャパゲティをドンキホーテで入手しました。韓国の辛ラーメンで有名な農心(ノンシム)の即席袋麺です。韓国映画「パラサイト」で美味しそうに食べていたのはチャパグリで、チャパゲティノグリラーメンを合わせたものです。

商品名チャパゲティ
値段110 円(税抜)
カロリー 612 kcal (140g)

チャパゲティは1984年発売以後、30年経った今でも韓国即席麺市場のトップ10に入るほど継続的に消費者の支持を受けている製品。粉末ソースが香ばしくて濃厚なチャジャンの味を再現した商品。 ノンシムより

チャパゲティの感想

chapagetty
  1. フライパンに水450ml水を沸騰させてかやくを入れる。
  2. 中火で麺をほぐして4分待つ。
  3. 火を止め、最後にオリーブオイルを入れ1、2分炒めて完成。
chapagetty

香ばしすぎるくらいスパイスが強めの香りです。オリーブオイルで油分が多いのでソースに汁気があって、日本でいうと太麺焼きそばといったような感じ。麺は普通のインスタント麺より若干太めのソフトのモチっとした食感です。

肝心の味はちょっと焦げたような濃厚な不思議な味で、癖が強めなので万人が美味しいというような感じではないです。

スパイシーノグボナーラ

spicy-carbonara

チャパゲティのみだとちょっと個性が強めだったので、一緒に買ったスパイシーノグボナーラも加えてみることに。チャパグリの組み合わせはチャパゲティと普通のノグリラーメンですが、スパイシーノグボナーラは特選チーズを加えてカルボナーラのテイストだそうです。

商品名 スパイシーノグボナーラ
値段 158 円(税抜)
カロリー 568 kcal (134g)
spicy-nogmonara

スパイシーノグボナーラの作り方はあまりチャパゲティと変わらないです。
かやくに昆布とキャラクターのナルトが入っています。ソースは唐辛子、特製のチーズソースがメインで太麺に絡み合ってます。

まずは単体でこのまま食べると、めちゃくちゃスパイシーです!チーズが入っているので、まろやかさがあるかと思っていたのですが、かなり辛さが効いていて、予想以上に激辛です。

チャパグリの感想

spicy-nogmonara

チャパゲティとノグボナーラの2つともうどんより細めの太麺でモチモチ感があって、味はともかくこの麺の弾力が良い感じです。

チャパゲティとスパイシーノグボナーラのどちらとも単体で食べるより、ミックスした方がそれぞれの風合いが一層増す気がします。特にチャパゲティが濃厚ソースなので、スパイシーノグボナーラのチーズと辛さがマッチしてちょうど良い具合に変化する感じです。

今回はスープの素を1袋丸ごと投入しましたが、十分辛いので辛さ調整で袋半分にしてもちょうど良いかもしれません。

まとめ

チャパゲティはとても独特な風味で初めて食べる味だったのでちょっと慣れないテイストでしたが、単体よりもスパイシーノグボナーラと合わせると海鮮の旨味と辛さが加わって一層美味しくなりました。

★★★/★5

コメント

タイトルとURLをコピーしました